前へ
次へ

ネットから薬局のお仕事を探してみる

インターネット上なら、ハローワークなどの一般的な公共施設でも見つからないような、非公開のハイレベルな

more

薬局で買う薬の効果を診てみよう

薬局で買ってくる薬には、これらの働きと一緒に病原菌と戦うようになっているので、薬と言うのはとても大き

more

薬局で働くチャンスはいろいろなところにある

現代では、薬剤師のニーズも相当増えてきました。実際にこれから薬局で働きたいと感じている資格所有者は、

more

かかりつけの薬局を見つけておこう

かかりつけ医を持っている人は多いですが、薬局ともなるとちょっと雰囲気が変わってくるかもしれません。医療機関を受診し、処方箋をもらって薬を調剤してもらう場合、医療機関の近くにある薬局に処方箋を持っていく、ということが多いです。しかしそうなると受診をする医療機関によって、処方箋を出す薬局も変わってきてしまいます。薬剤師もその都度変わるということになってしまうので、あまり好ましくはありません。何故なら自分の薬の履歴をお薬手帳でしか把握をすることができないからです。様々な医療機関を受診しても、同じ薬局で調剤をしてもらったほうがよいでしょう。一か所に絞り込んでおくことによって、薬に関する相談も行いやすくなります。薬は副作用が起きてしまうリスクもあるので、同じ薬剤師であれば副作用に関する情報も把握していてくれるでしょう。毎回違うところに処方箋を出すと服用をしている他の薬の情報が不足をしている可能性があります。だからこそ、かかりつけを持つということが重要になってきます。どうしても一か所に絞り込むことができないのであれば、お薬手帳を忘れずに提出するなど、自分が今処方してもらっている薬の情報を提示することが必要となります。そうすることで重複している薬はないのかどうか、チェックをすることができます。医師の診察の際に他の医療機関の情報まで開示をするという機会はあまりないので、薬で他の医療機関の情報をチェックするということが必要になるでしょう。同じ作用の薬が他にも処方されているのであれば、新たに処方をしてもらう必要はありません。患者自身ではそのあたりのことを把握することができない、ということがあるので、薬剤師に判断をしてもらう、ということを考えてみるとよいでしょう。自分の体を守るためにも薬に関する情報はしっかりと提示できるように管理をしなければいけません。薬剤師もアドバイスをくれるので安心できます。

小金井 訪問診療

太ももやふくらはぎが短期間で細くなります
内ももに隙間が欲しい女性は今すぐご予約ください!人気があるので予約がすぐに埋まります

Page Top