前へ
次へ

調剤薬局での薬剤師の対応に安心感が大きい

一昔前は病院へ行くと治療が終わって、受付で会計を済ませて一緒に処方箋で出されたお薬をもらうことができました。でも今は病院でそのままお薬をもらうことなく、ほとんどが近くの調剤薬局などでお薬を受け取るスタイルです。二度手間のような感じもしますが、病院内の混雑の中で受け取りよりも、実は丁寧な対応をしてもらえるので悪いことではありません。処方箋を渡してしばらくするとお薬が用意されて、薬剤師がお薬の説明をしてくれます。患者さん1人1人にしっかりと向き合って、お薬の説明とともに、何か困ったことなどは相談できるのですから、お薬のプロとの直接的な会話はかなり貴重です。病院ではお医者さんも忙しいので、調剤薬局で働く薬剤師程お薬に関して細かく説明をしている時間もありません。でも調剤薬局では、薬剤師が直接担当をして医薬品関連の深い話をしてくれるので、安心して処方された板医薬品の利用ができます。何度か利用をするようなら、前回のことを覚えていてくれたり、頼りになるのでさらに安心です。

Page Top